前へ
次へ

安易に転職する若者たちを見ていると

若い人たちが転職をする一番の原因は人間関係です。
希望に燃えて入社したのに、そこでは毎日残業ばかりさせられる。
残業をたくさんしているのに、その支払いがない。
このような場合に若い人たちは、案外簡単に転職を決意されるのでしょう。
昔は違いました。
昔は終身雇用制の考えが、労働者全体に行き渡っていたので、会社を辞めるということなど考えられませんでした。
いったん就職した会社は、自分の命が尽きるまで、働き通すというのが、昔の人間のやり方です。
今の若い人たちは、職場で同僚と喧嘩をしたとか、あるいは上司からいじめられたとかいう理由で、簡単に職場を去る人たちが多いです。
それはそれで正しい風潮なのかもしれませんが、どのような会社に就職したとしても、多少の我慢は必要です。
全く我慢ができないようでは、会社を移り変わっても、すぐに同じような転職を繰り返すということになります。
それでは行き着く先はホームレスです。
そのような事態に陥らないためには、会社勤めに対する、しっかりとした自分の信念と覚悟が、絶対に必要です。

Page Top